前へ
次へ

賃貸管理は全員で行うもの

賃貸管理は居住者と管理組合、そして管理会社とが居住環境を守るために連携、協力しなければなりません。
居住者も管理規約を無視はできず、住んでよかった賃貸マンション・アパート・戸建てであってほしい、そう思っているはずです。
特に、管理規約に関しては、時代やニーズに合わせて柔軟に改正されていくことを居住者は求めています。
長年、同じ規約に固執していては入居者も不満の声をあげるでしょう。
例えば、高齢化や人口の減少に伴い、ペット飼育を認めることも今後は必要ではないでしょうか。
また、投資用でも将来も安心して住み続けたいもの、建物や敷地、共用部分などを全員で管理していくのですが、そのためには管理組合がいて、管理費や修繕積立金の仕組みがあります。
安ければいい積立金でないだけに、増額してしまえば納得できないことから滞納する人も出てきます。
積立金の適切な額についても知っておきたい、そこでサポートするのが賃貸管理会社です。
生活の価値、資産価値を守る、そうした独自の取り組みも多数展開して管理を徹底しています。

Page Top